外国人観光客へジャパニーズタトゥー風そばアレルギー・チェッカー

札幌市南区の国道230号沿いに集まるそば店からなる「230そば街道推委員会」は、北海道を訪れる外国人観光客にそばアレルギーの認知拡大を図るため、手軽に楽しみながら日本へ来た思い出づくりにもなる「ジャパニーズタトゥー風そばアレルギー・チェッカー 」を開発しました。この日本の伝統的なデザインを起用したアレルギー・チェッカーは、そば湯をステッカーに塗って皮膚に貼りアレルギー反応があると、ステッカーの絵柄の一部に赤い模様が浮かんできます。2016年3月12日(土)、そば屋近くの診断イベントスペースに訪れた外国人観光客を対象に、はじめてアレルギー・チェッカーを使用してもらいました。今後230そば街道推委員会は、日本の食文化への理解を促すとともに、そばアレルギーを知らない外国人観光客に対し警鐘を鳴らしていく活動をしていく予定です。

出典:PR TIMES
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000018208.html