郷土料理を観光資源に、農林水産省の認定制度スタート 

農林水産省は、食文化を通じて外国人に日本の魅力を訴求するプロジェクト「食と農の景勝地」認定制度を開始する。郷土料理と農林水産業、農業体験、景観、温泉、世界遺産といった各地の魅力あるコンテンツを統一的なブランドとして管理して発信、インバウンド需要を食品の需要拡大や農山漁村の所得向上につなげるもの。2016年6月から第一回募集を開始し、11月に認定地域を公表する予定だ。

出典:Travel Voice
http://www.travelvoice.jp/20160407-64596