イスラム教徒向け「ハラール餃子」を食べに行ってきた

世界の人口の約4分の1を占めるイスラム教徒。日本のインバウンド施策もあり、ムスリムの訪日客は増加傾向だ。イスラム教徒は豚肉を食べることが禁じられているが、こうした人々にも日本食を楽しんでもらおうと「ハラール餃子」が栃木県佐野市で提供されている。ハラールとは、イスラム語で「イスラム法で認められた」という意味だ。果たしてどんな餃子なのか?現地を取材してきた。

出典:exciteニュース
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1462775004042.html