和食マナー、食べて学んで 大垣の料亭が中国人親子らに講座

大垣市高砂町の四季料亭助六は五日、養老町への旅行のため来日中の中国人親子を対象とした、和食のマナー講座を開いた。
上海の小学校に通う児童と保護者ら二十五人が参加。おかみの中村智景さんが「中国では大皿の料理をみんなで取り分けるが、日本は一人ずつお膳に並ぶ」などと中国との違いや、はしの使い方、てんぷらの食べ方などを解説。実際に料理を食べて、和食のマナーを学んだ。

出典:中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20160706/CK2016070602000031.html