「食事して」訪日客誘致15年 泥臭く信頼勝ち取る

 ワンダーテーブル(東京・新宿)が運営する、しゃぶしゃぶ店「鍋ぞう」などの店には多くの訪日外国人(インバウンド)が訪ねてくる。営業第1部のアシスタントマネジャー関川謙二氏(52)は「インバウンド」という言葉がもてはやされるはるか前から外国人の誘致に尽力してきた。泥臭く足を運ぶ営業方法で、旅行代理店など200社を開拓。年間30万人近くのインバウンドを取り込む同社の下地を作った。

出典:NIKKEI STYLE
http://style.nikkei.com/article/DGXZZO09811270S6A121C1000000