「爆買い」から「爆食」へ? 訪日客向けの飲食店予約サービスが続々登場

急増している訪日外国人。2015年は2000万人に迫る数の外国人が日本を訪れた。彼らの訪日目的は、名所巡りやショッピングなど様々だが、多くの人が楽しみにしているのが“食”ではないだろうか。ただ、言葉の壁や、どこへ行けば美味しい料理が食べられるかなど、外国人にはハードルの高い問題も少なくない。そんな外国人向けの新しい飲食店予約サービスが始まっている。

出典:nikkei BPnet
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/IB-NT/012200015/

コメントを残す