日本の「食のおもてなし」は”超一方的”、ベジタリアンは日本での食事に困っている

2016年が始まってからはや3週間が経過しましたが、皆さん、いかがお過ごしですか。年末年始に食べ過ぎて、年明けからダイエットに目覚めた人もいると思いますが、早い人だとすでにあきらめモードに入っているかもしれません。実は年明けにダイエットや食生活の見直しに目覚めるのは、ニューヨーカーも同じです。というのも、こちらではクリスマス休暇中に、肉(ローストキチンやビーフ)やアップルパイなどを食べまくり(ちなみに米国にはクリスマスケーキはありません!)、太る人が少なくないのです。実際、1月になると、セントラルパークでジョギングする人が一気に増えます。

出典:東洋経済オンライン
http://toyokeizai.net/articles/-/101379